SPEEDY納期

納期(Speedy)

前打合せ(監督間含む)

工事が決まると工事部長及び、監督と施工方法の打合せを行います。 全ての工程を確認することで、特別な注意点や、施工方法での疑問等、互いの意見交換を行います。

製品を工場で製作する段階から現場取付に至るまで、安全を配慮した専用の冶具を開発及び、製作をします。 これによりスムーズな流れとなり、安心でストレスのない行動が、全てに繋がるのです。ひと手間掛かりますが、無駄な動きが無い事は、自然と工期短縮に繋がります。

工場(24時間稼働可能)

諸事情によっては、工期に間に合わない場合があります。 そのような場合は、昼間の班と夜間の班との交代制で、工場を24時間フル稼働し、対応する事が出来ます。

それは、弊社工場のある地域が、特別工業地区である為、実現可能なのです。 法令遵守の元、京葉工業地帯のお客様に最も近い工場を持ち、業務ができる恵まれた地域性を有効に活用しております。

また、製作した製品を保管できる仮置場も、第一資材センターから第三資材センターまで、工場から近い場所に3か所もあることも強みです。

段取(工場設備)

工場長が工具の整理や整備を行います。個数と正常に稼働するかを確認して、工具管理台帳に記載されます。また、現場から戻ってきた工具の点検及び、メンテナンスを実施しております。 工具管理は大変な作業ですが、これもまた無駄な動きを無くす一つの手段でもあり、教育の一環でもあります。

職人が多忙な時期は、仕事の内容を伝えておくと事前に用意もしてくれます。工場の整頓もされており、工場長不在時に探す手間なく直ぐに持ち出せます。 使用して壊れた場合も工場長が修理見積を業者に依頼して、新規購入するか、修理を行うかを工事部長と打合せて決定します。